Select Page

日本の廃墟病院

日本の廃墟病院

病院というところはかなりヤバいところだと前々から思っていたが、これが廃墟病院となるとまた全然次元が違う。廃墟病院にはずっと魅力を感じていたが、日本の古いものは別格だ。なにかこう魔力の様な魅惑的な力があって、そこを歩き回ると不思議な現象に出会ったりすることが多々ある。今日は、3つの廃墟病院を紹介しよう。

日窒鉱山ゴーストタウンの病院

埼玉にある日窒は山中にある廃鉱の村である。30数年前に廃鉱になると同時に村もゴーストタウンになった。しかし、家々は全く撤去されておらず、家財道具も残っている。何か大急ぎで去ることになったのか? 電話だってまだつながっている!

Abandoned Hospitals - Nichitsu Ghost Town
日窒ゴーストタウンへの入り口

たくさんのカラオケマシーン(と大量のカラオケテープ)や、漫画本、数えきれないほどのアダルトビデオやエロ雑誌、大量のガンダムフィギュア、巨大ピカチュー等が残されていた。ここは子供専用の場所だったのか?まあいい、今日はこんなんで来たんじゃない。

Abandoned Hospitals - Room in Nichitsu
日窒にあった子供部屋

病院は日窒村の隅にあり、木に隠れていた。外から見る限りはあまりいい状態ではなさそうだ。一番入りやすそうなところは窓だった。いざ侵入!

Abandoned Hospitals - Nichitsu Clinic
悪名高い日窒病院

中もかなりひどく、床も残っていない様な状態だった。廊下の両側に部屋が配置されていて、そのなかでも一番興味を惹いたのはこの医師の部屋だった。

Abandoned Hospitals - Doctor's Room
日窒病院の医師の部屋

この部屋には様々や薬剤や人体部分の標本が集められていたが、標本はすでに何なのかわかりづらい状態になっていた。昔は脳のホルマリン漬けもあったらしいが、残念ながら人食い人種が持ち去ってしまっていた。それでもまだかなりの標本瓶が残されており、ワサビを持ってこなかったことが悔やまれた。

Abandoned Hospitals - Ear in a jar
瓶入り耳。いいものを発見した!

 

瓶入り内蔵
瓶入り内蔵
これも瓶入り内蔵。鮭の刺身みたいだな。
これも瓶入り内蔵。鮭の刺身みたいだな。

瓶の中身が何であるのかわかれば最高なのだが、耳以外はまるで見当がつかなかった。

Abandoned Hospitals - Shears and Tears
はさみや道具の山

レントゲン室や歯科治療室、手術室などの探検を続ける。こんなに荒らされていてもまだ何だったのかの原型をとどめている。

日窒病院の手術室
日窒病院の手術室
ヨーコは何かがわかったみたいだ。
ヨーコは何かがわかったみたいだ。

一年の間をおいて、ここを2回訪れたが、その一年の間に人体部分のほとんどは消え失せていた。ここには人々がよく訪れているようで、私が来た時にも毎回他の人も来ていた(アメリカ人旅行者と日本人カップル)。2回目に来た時にはちょっと時間に余裕があったので、フィギュアのハルキとヨーコの撮影会も行った。

Abandoned Hospitals - Sexy Yoko
あ、ヨーコがわからなくなっている。
Abandoned Hospitals - Drunk Haruhi
ハルキはハイになっている。

去る直前に肺のレントゲン写真を発見!石綿を吸った後でも肺が大丈夫か検査。

Abandoned Hospitals - Asbestos Check
石綿チェック

これで日窒病院の探検は終わりだ。ここは屈指の廃墟病院で、多くの本やブログに掲載されており、日本のフォーラムでもよく話題に上がっている。特に例の、脳のホルマリン漬け標本が消えた件には興味が尽きないようだ。

幽霊病院

これから紹介する廃墟病院は廃墟の世界でも輝く宝石の様な存在である。ほとんど無名に近く且つ非常に見つけにくいのが、この素晴らしさの秘密かもしれない。私がつけたニックネームは「幽霊病院」だ。

Abandoned Hospitals - Ghost's Clinic
幽霊病院

私の数々の廃墟探検の中でも、廃墟病院を訪れるのは最高だ。実際に来るまでは、ここの写真は一枚しか見たことが無かったが、それでも既にかなり興奮した。しかし、遂にその美しい姿を目にした時には静かな興奮に変わった。玄関を入り、小さな待合室にいる。椅子が一脚だけ残されている。完全な闇の中に、正面にドアが一つ見える(検診室)。右手にある小さな窓の向こうは薬局だ。窓の小さな開いた部分から薬をもらったり、支払いをしたりするのだ。裏を見に行こう。

Abandoned Hospitals - Pharmacy Counter
薬局のカウンター

本当に驚いた!薬局は小さな薬瓶で溢れていた。どうも、ここで薬の調合をしていたようである。原料の様なものやわけのわからないものが入った瓶がたくさんあった。

Abandoned Hospitals - Pharmacy
薬局発見。私の廃墟探検の中でも屈指の瞬間だった。
Abandoned Hospitals - Dreamy Potions
夢の様な色彩の薬の数々

この数々の瓶に入った薬が何なのかを見てみた。例えば、下の左側の写真はコラミンという薬物の過剰摂取に対して使用する覚せい剤だ、、、薬中!既にこの当時、日本人サラリーマンは過労状態だったのか!?

コラミンで元気を出そう!
コラミンで元気を出そう!
ピクルス。カレーに合うかもしれない。
ピクルス。カレーに合うかもしれない。

ここは薬剤師の仕事場だ。ところでヨーロッパには「アルプスの馬鹿者」というフレーズがあるのをご存知だろうか?アルプスの山深いところに住む、「頭の悪い」農民のことをさすのだが、実はこの知的発達を妨げていたのがヨード不足だったのだ。だから今日販売されている塩にはたいていヨードが添加されている。もちろん特にアルプスでは必須だ!ここで大量のヨードの瓶を見つけたのだが、それも同じ理由なのだろうか?

Abandoned Hospitals - Pharmacy Desk
薬剤師の机

この真っ暗闇の部屋の中で写真撮影をするのは並大抵のことではない。手動で焦点を合わせ、三脚を使って長時間露出、懐中電灯をずっと使ったりで電池をあっという間に2本使い切った。でもその甲斐は十分にある。

鉛筆削り
鉛筆削り
Abandoned Hospitals - Stock of Medicine
部屋の奥にある薬の在庫はかなりのものだった。

薬局を後にして、次は検診室へ行った。古い木製のベッド、何か乗り移っていそうな椅子、書類、医師の道具類等のすべてがまだそのまま残っていた。なんと凄いところだろう。我が目を疑うばかりだった。

Abandoned Hospitals - Doctor's Room
医師の部屋
恐ろしげな椅子
恐ろしげな椅子
小さな瓶の数々
小さな瓶の数々

その奥にはさらに別の部屋があった:医師の個人的な部屋だ。きっとここで秘密の薬を調合していたのだろう。奇妙なことに、脳の様な物体が入った大きな瓶もあった!ひょっとして、これが
日窒から消えた脳の標本か!?本棚には、ドイツ語の本もたくさんあった。日本の医師はドイツ語で学ぶに違いない!19世紀後半、ドイツは日本の近代化(特に医学分野において)に多大な貢献をしている。

Abandoned Hospitals - Doctor's Private Room
医師の個人的な部屋。机の上にあるのは何だ!?

この建物は大きく、きっと医師の家族も一緒に住んでいたに違いないと思った。大きなダイニングルーム(素晴らしい仏壇もあった)、台所、2階には寝室、そして、、、幽霊!目に入った時にはマジに飛び上がった!他にも無数の書類や新聞も見つけた。一番新しいもので1962年だった。ということは、ここが廃墟になって50年経つということだ!

Abandoned Hospitals - The Ghost
幽霊だ!見た時にはマジに飛び上がった!

この素晴らしい場所を離れる時が来た。次は少しだけモダンな病院を訪れよう。

茨城の廃墟病院

この記事の最後になる、3つめの病院はそれほど古くはない。いや、実際には前出のものと同時代なのかもしれないが、大きな街のど真ん中にあるのだ。病院の入り口は青緑の美しい日本女性が守っている。さあ、探検を始めよう!

Abandoned Hospitals - Naked Japanese Girl
病院正面の裸体の日本女性

ここはいくつかの建物に分かれており、一番新しい建物の入り口には大きな南京錠がついていて、我々の侵入を拒んでいる。古い建物は少し奥にあり、そのうちの一棟は医療学校だ!学校部分は最後にとっておこう。

茨城の病院
茨城の病院

古い方の建物にも錠がかかっていたが、幸運にも簡単に開く窓を見つけた。探検開始だ!しかしすでに日が落ち始めているので、急がなくてはならない。

Abandoned Hospitals - Ibaraki Door
残念ながら開かない。

病院の大廊下は、日本の古い学校みたいだった。それぞれの部屋の入り口に同じ様な小さな札がついている。

Abandoned Hospitals - Ibaraki Main Corridor
大廊下

この病院自体は、実は新しく建てられた方に移動して、ここには使われなくなった古い医療機器があちこちに放置されていた。

ばらばらになった身体
ばらばらになった身体
ばらばらになった機器
ばらばらになった機器

この車いすには背が高くては座れない。右手にいくつか部屋がある。

Abandoned Hospitals - Wheelchair
一番ぱっとしない感じの状態の車いす

奇妙な雰囲気だが、同時に興味深くもある。しかし、ほとんどの部屋が元来の状態をとどめていないのは残念だ。そんな中、手術室だけはかろうじて認識出来る状態で、手術台も残っていた。

Abandoned Hospitals - Surgical Bed
とっても柔軟な手術台
私の血液の酸素量はどんなもんでしょう?
私の血液の酸素量はどんなもんでしょう?
クライオスタット(低温保持装置)はさらに詳しい検査のために人体組織を低温化するために使用された。
クライオスタット(低温保持装置)はさらに詳しい検査のために人体組織を低温化するために使用された。

完全に暗くなる前に、次の建物に移動する。

Abandoned Hospitals - Pandora Box
パンドラの箱。ここにいた患者たちの古い、恐ろしい思い出をたくさん詰めて。

医療学校の方にはほとんど何もなく、シンプルなものだった。しかし光の加減が美しく、かびた木の強い臭いが充満していた。ここはすべて見尽くしても10分ほどで終わった。

Abandoned Hospitals - Classroom
この病院には学校もあったようだ。

帰る途中で、小さな人形が我々を見ていた。後ろ髪をひかれたが、この人形がこの廃墟病院の最後の思い出となった。

Abandoned Hospitals - Doll
置き去りにされた人形

短い探検が終わってしまった。日本で一番人気を誇るあの病院を私の廃墟病院リストに追加したい。恵心病院というところで、そこに描かれたグラフィティや、集まって来てそこで悪さをしたり、喧嘩をしていたガキどもでよく知られている。でも度胸試しに来ているだけかもしれない(ある階全体に火をつけてしまったり!)。そんな事情があったために、ここは2010年に完全撤去されてしまった。ここの写真はまだあちこちに掲載されている。廃墟病院ファンなら、これからも私のサイトをチェック!これからもどんどん追加する予定だ!ところであなたのお気に入りはどれだろう?

Facebook

はじめまして

azalea, drone, flower, japan, japanese, kyushu, natural, nature, saga, spring

私は日本在住のフランスの写真家のJordy Meowと申します。私は日本に来たり日本に滞在する外国人のために、風変わりであまり有名でない場所の情報を見つけたりシェアしたいと思っています。私は書籍を出版したこともございますし、現在は綺麗なガイドブックのシリーズを新たに準備しているところです。