Select Page

伊豆半島での一日

伊豆半島での一日

夏、伊豆半島は週末リフレッシュするのに理想的な場所だ。東京から百キロくらいのところにあって、素晴らしい海岸沿い(国道135号線)を楽しむ為には是非車で行くことをお勧めする。今日は一日で周遊できるコースを紹介するよ 🙂

白浜海岸

この海岸は伊豆半島の中でもおススメの場所だよ。細かい砂、トルコ色の海、波は穏やかで素晴らしい赤い鳥居があるんだ。ここには、ビールを飲んでのんびり過ごす人が沢山訪れる。彼らのすることは理にかなってる、言うまでもなく、ここは最高の海辺のひとつだ。

Shimoda Beach Entrance
Shirahama Beach Entrance.

下田は歴史的な場所のひとつでもある。1854年より以前は、鎖国をしていたから外国人が見つかったらその場ですぐに殺されてしまっていただろう。でもマシュー・ペリーが黒船で下田に来航してから日本は、外からの人間や文化を受け入れることになったんだ。

Shimoda Beach
Shirahama Beach.
Shimoda Beach Tori
Shirahama Beach Tori.
The Tori & The Wave
The Tori & The Wave.

でも・・・ビキニの女の子達は何処にいるんだ?えっと、ごめんね、失望させてしまうだろうけど:ここにいる女性の大多数は短パンにTシャツを着た姿の人ばかりだ。足にはクロックス。日本人はビーチで着過ぎだと思うんだけど!;)

なんとか正気を取り戻すためには、もうこれは何がなんでもこのレストランで巨大ないくら丼を食べに行くことをおススメするよ。そのレストランというのは”伊豆高原ビール本店レストラン“だ。

Huge Ikura-don
Huge Ikura-don.

河津七滝

そこからそんなに遠くないけれど、山寄りの場所にもっとリフレッシュできる場所があるんだ。そこは一キロくらいの遊歩道で7つの滝が点在しているんだ。日本人はそこを訪れるのが大好きなんだよ、なぜならそこは小説のヒロインにまつわるストーリーがあるところだから。伊豆の踊り子のね。

Shiranutaike Waterfall
Shiranutaike Waterfall.
Shiranutaike
Shiranutaike.

サボテン公園

伊豆のサボテン公園は僕にとっては本当に驚きの場所だった。そこは植物園なんだけれど、動物も沢山いてね、とくに鳥とかげっ歯類とか猿とか・・・そしてその多くが放し飼いなんだ!その公園内を散歩するのは本当に楽しいよ。

View from Shaboten Park
View from Shaboten Park.

そこでは有名で神聖な動物であるカピバラに出会うことができるんだ。世界で最も大きいげっ歯類で、彼らは僕等よりも重く、馬よりも早く走れて、犬みたいに吠えるんだ、でも子猫のようにゴロゴロ喉を鳴らすこともできる。信じられないよね?

Capybara
Capybara.
Turtle Shaboten Park
Turtle Shaboten Park.
Shaboten
Shaboten.
Shaboten Park Izu
Shaboten Park Izu.
Diner in Izu
Diner in Izu.

もうちょっと時間があったら、大室山に行ってみるといいよ。そこは、公園のすぐ近くにある素晴らしい死火山で、すべてが緑で覆われているんだ。

石部の棚田

僕は東京近郊で棚田を見るのが夢だったんだ、僕が思うにはここはもっとも素晴らしい棚田の一つと言えるだろう。石部の棚田だよ!西伊豆にあって、サンセットを楽しむのにも最高のロケーションだ。

Ishibu Rice Fields
Ishibu Rice Fields.
Ishibu Tanada
Ishibu Tanada.

そして伊豆諸島東部で旅館を見つけるんだったら、早起きして、朝のスペクタクルを見逃さないように。

Izu Sunrise
Izu Sunrise.

伊豆はリラックスできる場所だ。その目的で訪れるなら、観光のために行くのは避けたほうがいいよ。そこはリラックスを楽しむために行ってね。追伸:もっと長い記事を書こうとしたんだけれどさ、短くなっちゃった、でもこれでいいよね?

Facebook

はじめまして

azalea, drone, flower, japan, japanese, kyushu, natural, nature, saga, spring

私は日本在住のフランスの写真家のJordy Meowと申します。私は日本に来たり日本に滞在する外国人のために、風変わりであまり有名でない場所の情報を見つけたりシェアしたいと思っています。私は書籍を出版したこともございますし、現在は綺麗なガイドブックのシリーズを新たに準備しているところです。